※この記事を読む前に必ず読んでください。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を診断をもとにお伝えいたしますね。

>>スピリチュアル診断をする<<
 

アユミ
先生…私、彼に振られちゃいました…。

占い師アリア
えぇっ⁉そうなんですか⁉いつも彼の事を嬉しそうに話してたので、てっきり順調なんだとばかり…。

アユミ
私もそう思ってました。でも彼に突然「お前は重い」って言われてしまって…。

占い師アリア
そうだったんですね。もしかしたら彼に依存し過ぎてしまったのかもしれませんね。

アユミ
私も自覚はしているんです。それでもまだ彼の事が好きで気持ちの整理がつかないんです。

占い師アリア
大丈夫ですよ、アユミさん。少し時間が経てば彼と復縁できるチャンスもあるんですから。

アユミ
でも、私は一体どうしたらいいのですか?

占い師アリア
そうですね。それでは彼に振られてしまった時の対処法をお教えしますので、今すぐにでも実践してみてください!

ダブル不倫(W不倫)で既婚女性が既婚男性に依存してしまう理由や原因

夫と比べて良いところを見つけやすいから

W不倫で既婚女性が不倫相手の男性に依存してしまう理由には、夫と比べて良いところを見つけやすいことで浮気相手の男性が良く見えてくるからです。

結婚相手とは一緒に生活していることで、見なくていいところまで見えてくるのが「家族」であり、必要のないところまで気に掛けることも「夫婦」という形であるからこそ、当たり前に他人以上に干渉しあいます。

W不倫という関係であれば、会っている時間だけを共有し、全てをさらけ出さないでいられることで良い部分が見えることの方が多いのが「不倫」です。

お互いに家庭を持っているあなた達は、夫や奥さんに無いものをいつの間にか不倫相手に「求めている」ことで女性もその関係に満足していきます。

既婚女性が不倫をするにあたって旦那さんに「似ている人」を選びにくいのも、家庭とは「違うなにか」を求めていることが一つの要因となっていることも少なくありません。

あなたが不倫相手の男性を知っていく中でも、家庭での「時間の過ごし方」と不倫での「時間の使い方」は全く違っていて、同じ空間を共にしていても「家族」と「浮気相手」では既婚女性側の捉え方がまず違っているのです。

しかし、夫婦となれば「一緒の方向」を目指し続けるために良いところも悪い所も見てしまう関係でなければなりません。

既婚女性はダブル不倫の関係で浮気男性は「その場を楽しく過ごす」ということがあなたの中で第一に考えてしまうことであるため、彼の良い部分ばかりが見えていくことにより依存しやすくなります。

普段から旦那に不満を抱いているから

W不倫で既婚男性が相手の浮気男性に依存しやすい原因には普段から旦那に不満を抱いていることからです。

夫婦間の仲であればお互いに「不満」を持ってしまうこともあることですが、それが続くと女性は嫌な事ばかりが目に付きやすくなり本気で拒否反応が出てしまうことも珍しくありません。

家庭内で夫への不満が大きくなっていることで、あなたが不倫男性に会ったとき、旦那と違う人だということを肌で感じることで気持ちが癒されるのです。

夫への不満は自分が「受け入れられないところ」であるため、なかなかその部分を良いように捉えることが出来ないでいます。

不倫男性に対して「合わないところだな」と思っても「ずっと一緒にいる」という関係でないことであなた自身も深く考えることがありません。

結婚という大きな決断をして共に歩んでいく夫との関係であるから不満が募りやすく、他の男性に気持ちを埋めてもらう不倫という「恋愛の関係」でいられることで癒されます。

既婚女性は「家庭での我慢」に疲れ、浮気相手の男性に癒されていたいのです。

W不倫で既婚女性が不倫相手の男性に依存してしまうのは、夫の不満が募ることで我慢をし、その疲れた心を癒してもらいたくもあり、関係の捉え方で深く考えない「楽な形」を知ることだと説明出来ます。

愛している気持ちを伝えてくれるから

W不倫で既婚女性が浮気相手の男性に依存してしまう理由には、不倫相手の男性から直接、愛している気持ちを伝えてくれることにあります。

結婚生活が続くと夫からの「愛情表現」が減り、物足りなさを感じながらもお互いに口に出すことはしなくなり、言葉に表現しないことで「刺激」も無くなっているのです。

女性はいつでも「愛されたい」と思い、その愛情をストレートに受けたいといつでも思っています。

不倫相手の男性が言葉に出して愛情表現をしてくれることは、自然とまた女としての自信を身につけることになり、同時に前向きにもなれるのです。

女性にとって男性からの「言葉での表現」が一番の自信に繋がり、自分を変えられるのもその言葉でもあります。

愛されることを実感することで、行動的になり、自分磨きにも精が出るように変わるもの。

夫は奥さんに行動で示していることもありますが、正直ストレートさを失い、愛情が分かりにくいことで受け入れにくいのです。

既婚女性も「愛されたい」と思い、「愛したい」と思っています。

W不倫で既婚女性が浮気相手の男性に依存してしまうのはストレートに「愛している」と気持ちを伝えてくれることで、気持ちが満たされ刺激を受けることで不倫男性に気持ちがあり続けるところに原因があるのです。

恋愛している楽しさを失いたくないから

W不倫で既婚女性が浮気相手の男性との恋愛している楽しさを失いたくないことで「依存」していきます。

結婚生活を送る中で夫との関係には「刺激」「楽しさ」「期待」といった感情を持つことが楽しいという素直な気持ちが減っていくのです。

そんな中で出会った既婚男性と関係を持つことは、夫からは受けられない感情を抱くことで既婚女性は楽しくさせます。

結婚して家庭に入ると「恋愛感情」などといった恋をすることも無く、人を好きになることもどんな感じだったのかさえ忘れてしまうのです。

既婚女性は異性に好意を持っても、これは「男性として好きなのか」「友達として好きなのか」と恋愛に鈍くなります。

不倫男性と関係を持ち、恋愛をすることで再び「恋愛感情」を思い出し恋に夢中にもなるのです。

久しぶりの女性としての感情を抱いたことで、既婚女性は毎日が楽しくなり明るくもなっていくことができます。

ダブル不倫で既婚女性が相手の既婚男性に依存してしまうのは、忘れていた恋愛感情を再び思い出すことで、恋愛の楽しさを感じ、「この感情を失いたくもない」と思い、関係を持ち続けたいと強く願うからです。

不倫相手の奥さんに嫉妬してしまうから

W不倫で既婚女性が浮気相手の男性に依存してしまうのは、不倫相手の奥さんに嫉妬してしまうことで気持ちが離れられないから。

既婚男性とW不倫をする段階から相手に奥さんがいることは承知の上ですが、彼への気持ちが大きくなるにつれ不倫相手の妻という「絶対的存在」に女性は嫉妬していきます。

不倫相手の男性を想えば想うほどに嫉妬していき、そして奥さんの存在を意識することで同じ同性の立場として「彼を自分だけのものにしたい「私だけを愛して欲しい」と意地になってしまうことも少なくありません。

夢中になってダブル不倫をしている時は、冷静に自分でも物事を判断できなくなっていることから「彼が意識を持つ存在」に異常に反応してしまいます。

「彼にもっと自分を見てもらいたい」という気持ちが強くなることで、不倫相手の男性を振り向かせることに必死になり、それが依存へと変わっていくのです。

「嫉妬」をしてしまうのは、不倫男性のことが「好き」という気持ちが強くなり女性の中での感情がどんどん変化していっていることでヤキモチを妬いているからだと言えます。

「自分だけが彼を想っているのではないか」という不安が大きくなるのもダブル不倫で相手男性に奥さんという存在がいるからいつも心配で気持ちがあなたに向いているのか気になり続けてしまうことも少なくないのです。

浮気相手の男性に「絶対的存在」である奥さんがいることで、より「自分だけを見て欲しい」という嫉妬の気持ちが強くなることで彼との関係にハマり続けていき、彼に依存してしまいます。

彼を奪い取りたいから

ダブル不倫で既婚女性が浮気相手の男性に依存してしまうのには、「彼を奪い取りたい」という気持ちが強いからです。

不倫関係を続けることで相手の男性が夫よりも良く見えることで、「この人と一緒にいたい」という思いがさらに増して行くことが、彼の奥さんから略奪したいという気持ちを強くさせます。

女性は旦那と既婚男性を比べようとは意識してはいなくても、いつもどこかで比べてしまっている部分が多く、天秤に男性をかけてしまうことは自然な流れです。

男性よりも女性の方が「現実的」に物事を捉えてしまうことが多くなり、旦那よりも浮気相手の男性が良いと思ってしまうことで彼との未来を考えることが増えていきます。

W不倫という関係に発展した時には、お互いに家庭があるので「その時間だけ楽しめれば良い」と思っていても、彼との仲が深まり、次第に彼の魅力に魅了されることで「彼の奥さんから奪いたい」「自分の所に来て欲しい」と思い不倫が辞められません。

W不倫で既婚女性が、旦那と比べていることで自分には「彼と一緒にいる方が幸せになれる」とさえ感じ、略奪した後の未来を想像すると、不倫相手の男性に依存せずにはいられなくなり、重い女になりやすくなります。

「こんな私を好きになってくれた」という引け目を感じているから

W不倫で既婚女性が不倫相手の男性に依存してしまうのには、「こんな私を好きになってくれた」という引け目を感じることで彼を大切にしたくなるのです。

結婚し、家庭に入ることで異性から好意を持たれる機会がなくなることは既婚女性にはよくあります。

異性から与えられる刺激が無くなったことで「女として魅力がない」「女として見てもらえない」と女性としての自信がどんどん失われていくことは珍しくありません。

既婚女性は結婚して「人妻」になっても、「女性」として見てもらいたいという気持ちを持っています。

浮気相手の男性はあなたを「女」として見てくれ、自分に好意を持って関係を持ってくれたことがとても大切な存在になっているのです。

夫婦間であっても旦那から心無いことを言われることもあり、家庭に収まりきっていた自分に自信を無くしていたことで「こんな自分」とマイナス思考になることも既婚女性にはたまに起こることでもあります。

不倫相手の男性があなたの魅力に気づき好意を持ち「好き」という言葉をかけてくれるたことで嬉しくなるのです。

ダブル不倫で既婚女性が浮気相手の男性への依存は、家庭に入りっぱなしで魅力がないと思っていた「こんな私を好きになってくれた」と思うことで引け目を感じてしまうことでもあります。

今の関係を守りたいから

W不倫で既婚女性が不倫男性に依存してしまうのには、今の関係を守りたいと思うからです。

お互いが家庭を持っている二人の関係ですから、「この先も一緒に」という欲張りな考えはなく、現状の形で家族も不倫相手も「手放したくない」と思ってしまいます。

女性は家族も不倫男性もどちらかを選ぶことは出来ず、どちらも失いたくないことで「現状維持」を望むのです。

旦那のことを裏切っても家族とは離れることが出来ず、浮気相手の男性とも関係を続けていくことを選びます。

家庭と不倫ではあなたの存在の在り方が違うことで、どちらにも今のままであり続けたいのです。

「今のまま」でいることも覚悟が必要で、リスクも大きいことですが、彼との時間があなたにとっては想像以上に必要な時だということ。

ダブル不倫で既婚女性が、家庭での自分と不倫相手からのあなたの存在が違うことは「今の関係を守りたい」と思い、この現状に依存しているのです。

最後の恋だと思っているから

ダブル不倫で既婚女性が浮気相手の男性に依存してしまうのには、あなたが「最後の恋」だと思っているからです。

既婚者はなかなか出会いもなければ、恋愛の対象として異性として見られることはかなり少なくなります。

そんな中で彼と出会えて不倫という形ででも関係を築くことができ、愛し愛される関係でいることで不倫男性の存在があなたの中で大きなものとなっているのです。

既婚女性という立場で居続ける以上、不倫関係に対して「最後の恋」だと思い、彼以上に好きになることはこの先ないという感情を持ちます。

お互いに既婚者同士で恋愛関係になれたことは、リスクを伴いながらも愛を育んでいったことで彼の存在の大きさがあなたの中で「特別」という形になっているのです。

彼と一緒にいることにリスクが大きければそれだけ二人の関係を大切にも出来ることであり、あの人からあなたに対して「守りたい」と思い続けられることでもあります。

自分が既婚者の身で「心の通じ合える人」にこの先出会えることはなく、これ以上好きになれる人はいないと思っていることは、不倫男性との恋が「最後の恋」だという気持ちを思い起こすきっかけになるのです。

この関係を守るために、ダブル不倫相手の男性に依存し、離れられなくなってしまいます。

ダブル不倫で彼に依存し過ぎて振られてしまった時の対処法

冷却期間を置く

不倫の復縁で一番大切なのが距離を置く事。

別れた直後が一番復縁が難しいとされています。それは不倫相手が緊張から解き放たれているからです。

不倫にはリスクがあり、絶えずバレる不安との戦いだったはずです。

そんな張り詰めた緊張の糸を緩めている今、再び緊張の糸を張らせようとしても不可能と言えるでしょう。

また男性は期間が空くほどに女性への未練や好意が大きくなっていきます。

反対に言えば別れた直後は未練が少ないと言えるのです。

未練のない相手から復縁を迫られれば、面倒と感じられても仕方ありませんよね。

まずはお互いが冷静になる事に専念しましょう。

あなたは復縁をしたいという感情を抑え彼に振られた行動や言動を思い返してください。

その間に不倫相手の彼には関係が終わってしまった喪失感を感じてもらうのです。

期間としては1か月から3か月は開けた方が良いでしょう。

「期間が長すぎる」と感じる人もいるかもしれません。

しかし重い女の烙印を押された以上、復縁を早まれば「より重い女」として二度と復縁のチャンスが無くなってしまいますよ。

振られた理由と復縁したい理由を考える

復縁までの冷却期間も無駄には出来ません。

離れている時間を利用して振られた理由と復縁したい理由を考えましょう。

男性に「重い女」と思われたのであれば、あなたの言動や行動に問題があったはずです。

どんな言動で彼を困らせたでのしょうか?どんな行動で彼に思いと感じられたのでしょうか?

それが分からなければ謝る事さえできません。

漠然とした理由ではなく「私のここが悪かった」と、明確に応えられなければ反省を感じられませんよね。

あなた自身でしっかりと原因を探っておきましょう。

そして復縁したい理由を彼にはなんと伝えるのかも考えておきましょう。

ただ復縁したいといっても素直に受け入れてはもらえないでしょう。

また「まだ好きだから」という、そんな答えでは納得してもらえませんよね。

復縁したい理由も明確にしておかなければ、彼の気持ちがもう一度あなたに向けられる事はないかもしれません。

他にも復縁した後にどういう関係でありたいのか、将来的にどう考えているのかも伝えなければいけません。

重い女と言われた以上「将来は望まない、今だけでも一緒にいてほしい」というように、重荷にならない言葉選びが必要です。

復縁したい彼とコンタクトを取る

ある程度の冷却期間を置き自分の気持ちが整理できれば、ここで初めて彼とコンタクトを取っていきます。

コンタクトを取るにはメールやLINEで近況報告をしてみましょう。

その時に文章に入れるべき内容が、謝罪と感謝と相談。この3つを重ねて使えば効果的です。

まず別れる理由となった自分の態度や行動を謝ります。そして交際してくれた彼に感謝を伝えます。

最後に仕事や友人関係などの悩みを相談して締めくくりましょう。そうすることで彼から返信される率がグンと上がります。

ただし長文になってしまうのは避けた方が良いかもしれません。読み易く分かり易くを基本に文章を考えましょう。

もしかすると冷却期間中に彼から連絡が来ることも考えられますよね。その時にチャンスと焦って復縁を切り出してはいけません。

彼が連絡をくれた理由の一つに、あなたの気持ちを探ろうとしている意図が隠されているからです。

もちろん業務的な冷たい内容の場合は連絡に意図はありませんが、日常会話のような内容であれば探りを入れていると思ってもいいでしょう。

「気持ちを確認されているのであれば復縁のチャンスなのでは?」そう思う人もいるかもしれませんよね。

しかし男性は気持ちの確認をしたいだけなのです。つまり、まだ好意があると分かっても復縁の事までは考えていません。

ただ好意を寄せられている事で自己満足を得ようと考えているに過ぎないのです。

会う約束をして魅力を再アピール

ここまでしっかりと下準備が出来れば、後は復縁を切り出していきたいですよね。

その時に必要なのは電話やメールで伝えるのではなく、彼と会って伝える事です。

聴覚から伝わる気持ちは15%程度しかありません。そこに視覚の情報量60%を足す事で復縁の成功率が上がるからなのです。

顔が見えない状態よりも、顔が見えている方が効果は高いという事ですね。

また会う約束を取り付けるには、コンタクトで使った悩みの相談を直接したいと言えばいいでしょう。

会う時間帯は彼に任せて、なるべくこちらが合わせるようにしましょう。

あとは約束の日に向けて自分磨きをしておきましょう。

感情で訴えかけるだけではダメ。視覚でも彼を惹き付ける努力をしておかなければいけません。

しかし自分磨きと言っても辛いダイエットや高額なエステに通うなど、そこまで無理をする必要はありません。

大事なのは変化。髪型やファッションを変えるなど、彼の知らない変化があるだけで十分です。

彼の知っているあなたのイメージと違う印象を与えられれば成功と言えるでしょう。

印象が違えば新鮮さも手伝い、よりあなたを魅力的に感じてくれますよ。

自分の知らない元不倫相手の一面を見た男性は、嫉妬にも似た心の疼きを感じるはずです。

復縁を試みる

そして迎える約束の日、気まずい空気でお互いの心象を悪くしてしまわないように明るく接してみましょう。

あなたが雰囲気を作ってあげれば、振った側の彼も後ろめたさを感じずに自然と会話できるはずです。

そしてコンタクトを取った時と同じように謝罪と感謝、そして悩みの相談をしていきましょう。

その後は彼の近況や他愛もない話題で楽しんでください。そのまま別れ際までに彼からのアプローチを期待しましょう。

あなたが復縁を望む前に、まずは彼からの復縁を待つのです。

もし別れ際までに彼からのアプローチがなければ、少し話したい事があると前置きをし復縁を切り出していきます。

あなたから改まって話をされれば、彼にも「復縁のお願い」かもとある程度の予想は出来るはず。

そんな彼にも心の準備をさせるのです。

そして自分の非を認め改善する事や迷惑を掛けたり重荷になるような事はしないなど、冷却期間中に考えた自分なりのアプローチをしましょう。

素直に伝えれば気持ちは届くはずです。

そして彼の返答はその場でもダメ、いつでもいいという曖昧でもダメ。3日や1週間と期限を決めてもらってください。

そこまで出来ればあとは待つだけ。

しっかりと全てを実践できれば必ずとは言えませんが、復縁ももうすぐそこまで来ているかもしれませんよ。

占い師 マダムアリアのワンポイントアドバイス

占い師アリア
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか? もしも宜しければ「スピリチュアル診断」であなたと不倫相手の事を診断しますね! またアナタのお悩みに関してアドバイスもできますのでお待ちしております!

占い師アリア

男性に振られた時は、自分の過ちに気付き後悔することもありますよね。しかし後悔していたって彼は戻ってこないのです。もし本当に彼を好きであれば、もう一度あなたの手で抱きしめましょう。その為にもしっかりと対処法の実践をしてくださいね。

そのなかでも大事なのが冷却期間です。女性は別れた直後が男性への未練を一番感じてしまいます。だからこそ別れ話の直後から復縁を迫るのですが、それはタブーと言わざるを得ません。男性心理においては直後よりも期間を開けた方が、必ずあなたへの好意が戻ってきているのです。

まずは冷静になる事を忘れないように。焦りは失敗しか呼び込まないですよ。まず心を安定させることが復縁への第一歩と言えるのですから。

【期間限定・8月16日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ

不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を【奇跡のスピリチュアル診断】でお伝えいたしますね

後で「あの時、こうしていればよかった…」と後悔してからでは遅いので、今すぐ初回無料の【奇跡のスピリチュアル診断】をお試しください。

※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から不倫成就が叶った秘密の方法って?


「不倫相手とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

不倫専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない不倫の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
占い師マダムアリアから無料で鑑定!

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20代未満はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事