※この記事を読む前に必ず読んでください。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

>>タロットを引く<<


 
アユミ
不倫相手の彼に振られた後って冷却期間は必要ですか?どうしても復縁したいのですが…
占い師アリア
それは辛い状況ですね。不倫で復縁するためには、場合によって冷却期間が必要なケースとそうではないことがありますよ
アユミ
何でもかんでも距離を取れば良いというわけではないのですか?
占い師アリア
そういうことですね。では、振られた後や奥バレした時などの正しい距離の置き方について伝授しましょう。また女性300名に「不倫相手と距離を取ったことはある?」というアンケート結果もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

目次

女性300名にアンケート・不倫相手と距離を取ったことはある?

女性に「不倫相手と距離を取ったことはある?」というアンケートを実施しました。

不倫相手と敢えて距離をとり、その後の関係を復縁や良好なものにするための行動を起こしたという女性の割合は約47%です。

約半数の女性が、自ら冷却期間と呼ばれる「距離をおく」という判断を下したことが分かります。

不倫相手の彼との関係を良好にするためや、別れた後に復縁を求める際などに辛く寂しいけれど距離を置くことは珍しくないようです。

距離を取ることで得られる効果があると信じているからこそ、これだけ多くの女性が冷却期間を取ろうと思っていることが分かる結果でした。

女性が告白!どんな時に不倫相手と距離を置いた?その結果どうなった?

「どんな時に距離を置いた?その結果どうなった?」という質問も女性に行いました。

二人の関係がどのような時、訪れた結果について正直に聞かせてもらえましたのでぜひ参考にしましょう。

あなたのケースや場合に当てはまることや、これからの不倫相手の彼との関係に役立つ内容となっております。

31歳・看護師
31歳・看護師
不倫関係になって一年ほど経った時に距離を取りました。その時には、あの人に何も言わず、こちらから勝手に距離を置いた形です。付き合いがマンネリしていたというか、付き合い始めに比べて連絡をくれるペースが落ちたりなかなかデートが出来なかったりして、私の中で「このままで良いのかな」「ちょっと距離をとってこれからのことを考えたいな」と思ったからです。一緒にいれば好きな人ですから、どうしても未来のことを考えにくくなりますので、こちらからも連絡をしないで考えたかったのです。その結果は、私が離れていくと感じたのか、彼が「きみの存在の大きさがよく分かった。妻と離婚するから一緒になろう」という答えでした。距離が離れたことで、心の距離は縮まったようです  
29歳・事務職
29歳・事務職
私、一度不倫中の彼に振られたことがあります。でも、なかなか別れたことを受け入れられなくて、こちらから何度も連絡をしてしまったりして、ウンザリさせました。そんな彼の声や態度を知るのが嫌で、自分が傷つくのも怖くて私から距離を取らなければ、と思ったのです。距離を取ってしばらくすると、気持ちが落ち着いてくるのを感じました。連絡しない、会えないことに慣れたのでしょうね。そして、振られた原因や本当は私に彼が求めていたことなどが見えてきたのです。そして、半年くらい経って、それでも私は忘れることが出来なかったので彼に連絡をし、考えたことを伝えました。すると、すぐというわけではありませんでしたが、自然と復縁の形に近づき、今でも彼との関係は続いています。あの時、距離を取らなければ、私は彼や彼との関係を誤解したままストーカーになっていたかもしれません。そう考えると距離をとって冷静になって物事を考えることはとても大事ですね  

距離を置くと状況を整理できる・気持ちを冷静できる効果がある

不倫相手の彼と距離を取ると、状況を整理できる、気持ちを冷静にできるという効果があるようです。

どのようなケースにおいても、距離をとり、会わないで連絡もしない時間を過ごすことで、客観的な判断ができるようにもなります。

追いかけている時には、「寂しい」「辛い」「切ない」などという気持ちに支配され、周囲をしっかりと見回す力を見失ってしまうことも少なくありません。

一人きりで考えることで、新たな答えを導き出すこともでき、これまでの行動とはまた別のものによって、不倫相手の彼との関係を良好なものに変えられる可能性を高められます。

困った時には、「距離が近いのではないか」「距離をとった方が上手くいくのかも」と考えてみましょう。

期間限定
不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫相手との冷却期間が必要なケース【距離を置く事で関係性が良好になる】

破局について二人で納得した結果である場合

不倫相手との冷却期間が必要なケースは、破局について二人で納得した結果である場合、距離を置くことで関係性が良好となるもの。

不倫恋愛では、二人の意見や気持ちを伝え合うことが普通の恋愛よりも難しい場面が多くあります。

既婚者の相手の状況を考えてみたり、自分がどこまで我慢できるのか試してみたりと、感じたままをただ言葉にすることばかりはできないのです。

そのため、二人できちんと話し合い、”破局”という結論に至った場合には、お互いに心の底から別れを選択していなくても、「別れた方がいい」という意見の一致が必要。

きちんと話し合った結果が同じ意見となったのであれば、お互いに距離を保ち、冷静に相手の事を考えることも大切です。

冷却期間を設けることで、見えなかった想いを知るきっかけになることもあり、相手の大切さや存在の大きさを実感できることもあれば、「別れて良かったな」と改めて感じられることもあります。

二人で破局の選択をしたのに、いつまでも相手を頼り、しがみついてしまうと、関係悪化に繋がるので注意が必要です。

別れる決断を二人でした場合には、距離をきちんと置き、相手のことも自分の幸せも考える時間を大切にしていきましょう。

きちんと状況にあった距離感を保つことで、別れた後でも関係を良好に保ち続けることになるはずです。

どちらかの浮気による別れである場合

どちらかの浮気による別れである場合には、不倫相手との冷却期間が必要なケースとなります。

不倫恋愛中にどちらかが浮気をしてしまった場合、二人の間に信頼関係は一切なくなってしまうのです。

不倫関係を築いているだけでも、秘密の恋愛であり、思いきり恋愛を楽しむことができない状況であるにも関わらず、浮気をされてしまっては完全に信用を失い、相手を深く傷つけてしまう原因となります。

不倫恋愛をするカップルは、普通の恋人同士に比べて、信頼関係を重視している場合が多いのです。

秘密の恋愛であり、誰かにバレてしまうと終わる関係だからこそ、信用できる相手でないと不倫を続けることは不可能となります。

お互いに認め合っていたのに、信用していた相手に浮気され、裏切られてしまった場合には、気持ちの整理をつけることも簡単には行えず、感情的になることも増えてくるのです。

その状況で一緒にいても関係を悪化させてしまうだけとなるので、冷却期間を設けて、自分の気持ちを優先的に考える必要があり、距離を保つことで「彼女がやっぱり必要だ」と感じさせるタイミングになることを目指しましょう。

価値観や生き方の違いで別れた場合

不倫相手との冷却期間が必要なケースは、価値観や生き方の違いで別れた場合で、二人が距離を置くことで関係性が良好になることがあるのです。

価値観や生き方は、人それぞれ違う感覚を持ち、相手にだけ合わせるということも難しく、それは自分自身を苦しめる行動となることもあります。

そのため、いくら好きな相手であっても「これだけは許せない」「受け入れられない」と感じることが訪れてしまうこともあります。

それを自分自身が納得できるように受け入れることができるのかで、関係を継続できるのか、我慢の限界を迎えるのかは変わってくることです。

誰にでも、許せない部分は必ずあります。

好きな人にだから、「してほしくなかった」「言ってほしくなかった」ということを強く感じてしまうもの。

価値観や生き方の違いで別れを迎えた場合には、一度離れて、お互いがそれぞれ考え直す時間を作って下さい。

自分の受け入れられない部分で別れまで発展した場合には、すぐに相手を認めることはできません。

距離をきちんと置くことで、自分自身が冷静になり、相手と自分は違う考えを持っていることを徐々に受け入れられることもあります。

冷却期間を設けないことで、相手をどんどん受け入れられなくなり、最悪の結末を迎えてしまう場合もあるので、一度距離を置く判断をしましょう。

二人が置かれた状況、不倫からの罪悪感で別れた場合

不倫相手との冷却期間が必要で、距離をきちんと置く事で関係性が良好になるケースは、二人が置かれた状況、不倫からの罪悪感で別れた場合となります。

不倫恋愛は、たくさんの人を裏切っている行為です。

そのため、本気で相手の事を好きになり、純粋に恋愛をしていても、関わる人や大切な人の事を考えた時に罪悪感を抱くこともあります。

秘密の恋愛を築いていけば、バレるまでお互いの愛情を深めていくことは可能ですが、周囲を見渡した時に自分の状況に、「何してるんだろ…」と感じる瞬間も当然訪れるのです。

そのような不倫恋愛をしている状況で、あなた達二人の関係が継続できない場合には、冷却期間を持つようにしてください。

別れても好きだからと、相手を求めてしまうと気持ちの面で整理がつくことはありません。

別れたら、一度二人の距離を置き、自分たちの状況や環境を改めて考えることで、お互いに良好な関係を保てるようになります。

恋愛中は、どうしても自分の感情が強まり、相手の事を考えられない時期も出てくるのです。

人を本気で好きになれば当たり前にあることですが、不倫恋愛となると上手くいかない部分も多々あります。

それをじっくり自分自身の中で考え、整理を一度つけることで、関係性が良好なものとなるのか、悪化してしまうのかが分かれ道だということ。

不倫相手との冷却期間が不要なケース【距離を置くと逆に関係性が悪くなったり疎遠になる】

期間限定
不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

奥バレなど不可抗力で別れなければならなくなった場合

不倫相手との冷却期間が不要なケースは、奥バレなど不可抗力で別れなければならなくなった場合で、二人が距離を置くことで逆に関係性が悪くなったり、疎遠になります。

奥バレなどの不可抗力で別れを迎えなければならなくなった場合だと、そこに二人の意思や強い思いを伝え合う機会を失われてしまっているケースが多いのです。

誰かにバレて、関係を築くことが難しくなった場合でも、最終的に二人が納得のいく別れを迎えられず、そのまま疎遠や関係性の悪化にも繋がります。

このケースでは、相手の本心が見えないまま、突如別れを迎えてしまうことで、気持ちが追い付かず、この思いをどうすればいいのかも分からなくなってしまうのです。

二人が良好な関係を築いていたとしても、訳が分からないまま引き裂かれることで、不要な感情が埋め尽くす原因となります。

そうならない為には、奥バレしたとしても、どこかのタイミングで必ず二人きりできちんと話し合うことが必要であり、絶対にそのまま放置しないことが大切です。

意見のすれ違いなどでケンカ別れした場合

意見などのすれ違いでケンカ別れした場合には、冷却期間が不要であり、距離を置くことで逆に関係性の悪化、疎遠というケースに繋がる危険があります。

不倫恋愛でも、それぞれに感じることや相手に求めることは、お互いに違うことがあって当然のことです。

しかし、そこに恋愛感情があることで、感情的になってしまい、「言い過ぎたかな」「悪いことしたかな」と後になって感じることも多々あります。

意見のすれ違いの場合、お互いにその場の勢いで別れを決断していることも多く、後悔するケースが非常に多いのです。

お互いの意見でぶつかり合って、不倫関係に破局を迎えた場合には、その後は距離を置かないようにしましょう。

このタイミングで距離を置くことで、どんどん相手の気持ちが分からなくなり、自分の考えだけが先走り、悪い方向に思考が向かっていきます。

冷却期間を与えることなく、別れた後でも話し合える状況や会う機会を作る心掛けを持つようにしてください。

このまま分かり合えない状況で別れを迎えてしまうのは、もう今後一切、相手と分かり合えないままとなる最悪な関係となることがあります。

気持ちが分からなくて破局を決めた(決められた)場合

不倫相手との冷却期間が不要なケースは、気持ちが分からなくて破局を決めた(決められた)場合で、距離を置くと逆に関係性が悪くなったり、疎遠となることがあります。

不倫恋愛では、ストレートに感情をぶつけ合うことも少ないため、相手が何を考え、どうしたいと思っているのか分からなくなることがあるのです。

既婚者である相手は、素直になりたくても「言葉にしてはいけない」と我慢している部分もあり、それでも「伝えてほしい」という願う人もいます。

お互いに気持ちが分からなくなって破局となったケースでは、二人が十分に話し合えていないことで、あなた自身も納得のいく終わり方とはなりません。

「彼の気持ちが分からない」と感じている時には、相手からしても、あなたの考えていることが分からなくなっている場合が多いのです。

気持ちを分かり合うには、お互いに冷静になった時に、もう一度きちんと言葉や行動で自分自身の想いを伝える必要があります。

気持ちの分からないまま破局しても、何も先に進むことはできず、不倫相手への心残りが大きくなる一方です。

別れてからも距離を置かず、お互いに向き合うことを心掛けてください。

別れても相手の男性が家庭に戻っていない場合

別れても相手の男性が家庭に戻っていない場合は、不倫相手との冷却期間は不要なものとなります。

あなたと別れてからも既婚男性が家庭に戻ることをしないということは、不倫相手の女性を待っている可能性が高いのです。

既婚男性には、きちんと帰る場所があり、待っている家族の存在があります。

それでも、あなたと別れてからも家庭に戻らないのは、彼女に何かしらの未練を強く抱いていることで彼の行動が本心を表している証です。

不倫相手の女性との関係が完全に終わりを迎えた場合には、既婚男性は自分の居場所に必ず戻る選択をします。

しかし、別れても「彼女を待ちたい」とどこかで思っている男性は、家庭に帰るという選択肢が自分の中には湧いてこないのです。

不倫相手の男性と別れてからも、家族の元に帰っていない彼をそのまま放っておくことはやめましょう。

あなたともう一度戻るチャンスを待っている場合は少なくなく、既婚者であるから無理矢理彼女を引き止めることもできない場合があります。

彼と別れた後でも会う機会を作り、状況を探りながらでもお互いに新しく芽生えた気持ちを伝え合う努力をしていきましょう。

ケース別の正しい冷却期間の取り方

奥バレの場合:水面下での再会がすぐに可能

ケース別の正しい冷却期間の取り方、奥バレの場合には、水面下での再会がすぐに可能だと言えます。

奥バレで二人の距離が遠ざかっている場合には、お互いに気持ちが変わったわけではなく、むしろ、バレたことでさらに過熱することもあり得るのです。

勝手に引き裂かれてしまう関係では、自分たちの意志での距離感ではないため、「どうにかして会いたい」「今の状況を知りたい」とお互いに強く感じてくるようになります。

お互いに強い気持ちが溢れ出るため、絶対に奥さんにはバレないように今まで以上に慎重に行動を起こし、会う機会を設けようとするのです。

それは、自分たちの愛情がなくなったわけでも、関係に亀裂が入ったわけでもないため、お互いに水面下で確実な行動を起こし始めます。

そのため、二人が再会するまでには時間がかかることもなく、割と早い段階でお互いに安心できる状況を作り出すことができます。

奥バレしてしまった場合には、彼の生活サイクルを考え、確実に奥さんとは一緒にいない時間帯を見計らって連絡を取るなりの行動を早い段階で起こしていきましょう。

この場合には、相手に頼り切ってはいけません。

あなたからの行動を起こすことで、既婚男性は彼女との連絡がしやすくなるのです。

奥バレしたことは、男性が一番彼女に対して申し訳ない気持ちを強く抱いています。

あなたからアクションを起こすことで引き裂かれた距離がどんどん縮まっていくようになるのです。

振られた場合:振られた本当の原因を探る期間が必要

振られた場合の冷却期間として、本当の原因を探る期間が必要となります。

不倫相手に振られる理由には、必ずしも彼からの愛情がなくなり、あなたと一緒にいることをやめたいと感じている場合もあるのです。

不倫恋愛では、自分も思い通りに進めていくことができないことが多々あります。

例えば、奥さんに不倫がバレそうだから別れて「彼女を守らないと」というように、自分の環境で不倫相手の女性を苦しめたくないと感じて振ることもあるのです。

本当に本心で「別れたいな」「もうついていけない」「好きな気持ちがなくなった」と不倫相手を振ることもあります。

既婚男性があなたを振った理由が本当は何か、築いてあげる期間が必要。

あなたが「別れたくない」と言っても、既婚男性は一度決めた決意は固いはず。

そのため、彼が別れを決断した本当の理由を知ることで、あなた自身の考え方が変わってくることもあるのです。

既婚男性が一人で悩み込み、破局という選択をすることの多い不倫恋愛だからこそ、本当に別れを決めた理由にきちんと気付いてあげる期間を設け、彼を分かろうとする努力が必要となります。

喧嘩した場合:話し合いの場は比較的すぐに設けられるはず

破局のケース別の正しい冷却期間は、喧嘩した場合には、話し合いの場は比較的すぐに設けられるはずです。

不倫相手との喧嘩が原因で別れてしまった場合には、お互いに素直な気持ちを伝え合うことが出来ていません。

たとえ、自分の気持ちを伝えていたとしても、相手は感情的になっていたり、あなたの言葉がすんなりと入ってこなかったりと、きちんと伝えられていないことがほとんど。

そのため、喧嘩別れの場合には、「なんであんなこと言ったんだろ」「本当にそう思っているのかな」と一人の時間で考えることはあっても、お互いに冷静に話が出来ていない状況だから分からなくなってしまいます。

別れてからの期間から一人きりで考える時間は大切ですが、お互いに本心を伝え合っていないからこそ、早めに行動を起こし、話し合いの機会を設けるように動き出します。

喧嘩で誤解を招いたままもう会えないという関係にはしたくありません。

本気で不倫恋愛を築いたカップルこそ、喧嘩別れの場合には、すぐにでも行動を起こし、自分の想いと相手の気持ちを伝え合いたくなるのです。

嫌われた場合:3ヶ月から半年ほど距離を取り、それぞれが成長するのを待つ

嫌われた場合の正しい冷却期間の取り方は、3ヶ月から半年ほど距離を取り、それぞれが成長するのを待つようにしましょう。

あなたが既婚男性に嫌われて、不倫関係を解消した時には、「別れたくない」とすぐに行動をとっても、何も相手の気持ちには変化が起こりません。

嫌われてしまうのは、一度きりの何かが二人の間であったことで破局にまでは繋がらないため、何度目かの出来事が原因の場合が多いのです。

それを既婚男性は、「改善しないんだろうな」と感じてしまっているため、あなたを受け入れたままの状況に苦しくなっています。

自分の何がダメだったのかを考え、直すことをまずは優先してください。

不倫相手の彼は、彼女の改善した姿を見ることがなければ、一度抱いた感情を打ち消すことはできません。

ここからはあなたが本気で努力し、彼をもう一度振り向かせるために、気持ちを切り替える大切な時期ともなります。

絶対に別れてすぐに会いに行ったり、連絡を頻繁に取ったりすることだけはやめましょう。

この冷却期間は、お互いに向上し合う大事な時期であり、ここで下手な行動を取ってしまうと、さらにダメな個所が増えてしまう一方です。

嫌われた場合には、彼にどこが受け入れられなかったかをじっくり考え、分からない時には今まで既婚男性に言われてきたことを振り返り、自分を見つめなおす時間を与えましょう。

ケース別の冷却期間後の連絡や関係の再開の仕方

奥バレの場合:あなたの方から慎重に行動していることを理解してもらう

 

奥バレした時の冷却期間後の連絡や関係の再会の仕方は、あなたの方から慎重に行動していることを理解してもらうことです。

一度でも、不倫相手の奥さんに関係がバレてしまうと、警戒心が強くなると同時に「この関係を続けるのはもう無理だ」と弱気になることが少なくありません。

また既婚男性としては、奥さんに対する処理や言いわけ、謝罪などとても忙しいもの。

再構築をする場合でも、離婚する場合でも、あなたとあの人は別れなければ奥さんの怒りは収まらないのも事実。

この場合、冷却期間として必ず会わない、連絡もしないことが重要です。

しかし、お互いに忘れられない気持ちがあり、特にあなたが元不倫相手の彼と復縁をしたいのならば、慎重に行動していることを理解してもらう必要があります。

「今度こそ奥さんだけではなく誰にもバレないように気をつけているよ」「こんな風にしたらまた二人で会えるよ」と伝えること。

適当な考えではなく、二人の関係を守るために真剣に正しい答えを導き出していることを知ってもらいましょう。

バレない工夫はどちらか一方だけが行っていたのではいけません。

あなたからもバレないための行動を起こす覚悟があることを理解してもらうのです。

振られた場合:あなたの思いやこれからの希望について素直に伝える

振られた場合の冷却期間後は、あなたの思いやこれからの希望について元不倫相手の彼に伝えることで、関係を再開させられます。

単純なことですが、元の関係に戻りたい人がなかなか出来ないこと。

冷却期間の間は、考える時間がたっぷりとあります。

振られてしまった原因やその時のあの人の想いなどについても一人で考えるとその時は分からなかったことも見えてくるもの。

自分の行動や言葉などを振り返ると「あの時の私の行動がいけなかったのかな」「上手く気持ちが伝わっていなかったな、それは私の伝え方が悪かったから」などと。

離れて考えた答え、あなたの本当の彼への思いは絶対に伝えなければなりません。

また、未来への希望は復縁への気持ちを高めてもらうためのイメージに繋がります。

あなたを振って不倫関係を解消させた時のあの人は、真剣に考え、勇気を出した決断を下したのです。

そんな彼は「愛しているから」「好きだから」という気持ちだけで復縁を決めることはありません。

あなたと復縁をしたり、今より幸せな未来が待っていること、二度と同じ過ちで傷つかせないことを誓えるくらいのイメージを持ってもらうことが重要です。

嫌われた場合:成長した自分を伝えるのではなく感じてもらう

不倫相手の彼に嫌われた場合も、冷却期間が必要であり、その後の行動を間違うと関係を再開できませんのでご注意ください。

この場合、成長した自分を伝えるのではなく感じてもらうことが重要です。

前項の場合には、しっかりと言葉で伝えることが大事で、復縁に繋がるものではありますが、嫌われた時には、いくら言葉で「今度からこうするよ」「これいけなかったから直すよ」と言っても心に響かせることが出来ません。

必ず、言葉だけではなく、行動や態度からあなたの意思を感じてもらいましょう。

「彼女は変わろうとしている」「合わせようと努力してくれている」と思ってもらえたら次のステップに進めます。

その際、以前のままではいけないのは承知の上ですから、何とかして成長しなければなりません。

あの人が求めていることは人としての成長であるケースが少なくありません。

常識や行動、考え方など、もっと高見を目指して自分自身のためにも成長を自ら促しましょう。

成長したあなたをあの人が感じてくれた時、嫌いという感情は尊敬や愛情に変わるはずです。

冷却期間を迎えたケースによっては、このように伝え方に工夫をしなければならない時があり、嫌われた時こそ本気の行動が必要だと言えます。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「あなたのケースに合わせた冷却期間を取りましょう」

占い師アリア
別れた原因や振られたかどうか、奥バレしたのかどうかなどによって冷却期間の取り方が変わります。

あなたのケースに合わせて冷却期間を取らなければ、上手く復縁に繋げることが出来ません。

私がこちらでお伝えしたことを参考にして、元不倫相手の彼との縁をもう一度繋ぎ合わせましょう。

【期間限定・10月25日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

>>タロットを引く<<


※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から不倫成就が叶った秘密の方法って?


「不倫相手とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

不倫専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない不倫の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
占い師マダムアリアから無料で鑑定!

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20代未満はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事