※この記事を読む前に必ず読んでください。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

>>タロットを引く<<


 
アユミ
不倫をしていると年末年始とか正月って女は寂しくて当然なのでしょうか
占い師アリア
恋人として過ごす人も多く、それでも不倫カップルは会えない時期でもあるので寂しさが爆発してもおかしくないのが年末年始やお正月だと言えますね
アユミ
やはり、そうですよね。私、それでも彼の気持ちを動かしてほっち正月を避けたいのですが良い方法はありませんか?
占い師アリア
心理的にあの人の気持ちを動かして年末年始やお正月の寂しさを爆発させずに望む過ごし方が出来るようにこちらでは詳しく伝授しますのでぜひ参考にしてください。また、女性300人に「年末年始や正月を不倫相手の彼と過ごしたい?」というアンケートを実施しましたのでそちらも見てくださいね
アユミ
はい!ありがとうございます!

目次

女性300名にアンケート・年末年始や正月を不倫相手の彼と過ごしたい?

女性300人に「年末年始や正月を不倫相手の彼と過ごしたい?」というアンケートを取りました。

素直な気持ちで、不倫相手の男性との年末年始や正月を求めている女性は60%を超えています。

過半数以上の女性が、あなたと同じように年末年始や正月を既婚男性と過ごしたいという願望を持っており、寂しさや切なさを感じていることが分かる結果です。

「彼は結婚しているから」「どうせ会えないんじゃないのかな」という予想を立てつつも、自分の欲望に寂しさを感じ、この関係に思うこともあるはず。

既婚男性との関係において、この時期ほど寂しさが爆発しやすい時期はないと言えるのは、これだけの女性が「会いたい」と思っているからです。

女性が告白!どうせ彼は家庭を優先…でも年末年始や正月に会えたら何をしたい?

女性に「どうせ彼は家庭を優先…でも年末年始や正月は会えたら何をしたい?」という質問には、妄想による告白をしてもらいました。

「どうして家庭を優先させるんでしょ?」という諦めの境地の裏には「もしかしたら」というかすかな希望を抱いている女性も少なくありません。

「会えたら○○をしたい」「会えたら○○に行きたい」など、実は心の奥底で抱いている希望を教えてもらいましょう。

30歳・看護師
30歳・看護師
普通の恋人として過ごしてみたいですね。年越しそばを食べて紅白を見て、初詣に行っておみくじを引いて、おせちを食べる。こんな普通のことが出来ないのが現実なので、特別なことをしたいとは思いません。不倫をしてからというもの、私はこれらのことは一切していませんからね  
29歳・事務職
29歳・事務職
会えるだけでいい!家族と過ごしているって考えただけでモヤモヤしますもん。徳の年末年始とか正月って長いんですよね、私の精神が崩壊してしまいそう。本当にちょっと会っておしゃべりして、ちょっと触れられるだけでいいんだけどな  
33歳・製造業
33歳・製造業
旅行に行きたいですね。私の仕事も年末年始はしっかりと休みのある企業なので、彼と旅行に行けたら最高です。寒いのは苦手なので南国とか行きたいかな。旅行に行って、不倫という関係を忘れて思いきりいちゃいちゃして、朝まで一緒にいられる幸せを噛みしめてみたいです  
28歳・医療事務
28歳・医療事務
年末年始とか正月はイベントが多いので行きたいです。私も彼も同じ趣味を持っているので、そういうイベントに行けたら幸せかな。普段でも出来ると言えばそれまでだけど、だからこそ長期休暇の特別なイベントまであの人と参加できるってことに意味があると思うんです  

妄想を現実にさせる方法を探そう

年末年始や正月に不倫相手の彼に会えた場合、女性の中では妄想が自然と膨らみます。

それだけ普段から我慢をしていることが垣間見える質問による答えだと言えるもの。

その妄想を現実にさせる方法を探し、実際に年末年始やお正月をあの人と過ごしましょう。

不倫カップルの中には、恋人らしく工夫の中で年末年始やお正月だからと言って会わないのではなく、きちんと顔を見て過ごしている人たちも少なくありません。

我慢はストレスの元。

そのストレスによって、二人の関係がギクシャクしてしまわないように、何とかして年末年始やお正月をぼっちにさせないように、かつあの人に会えるように方法を探ってください。

不倫だとしても、妄想以上に幸せな時間を過ごす方法があるはずです。

期間限定
不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

会ってる時は優しいのに…結局年末年始や正月は家庭に戻る男性心理

「だって俺には家族がいるから」

会っている時は優しいのに…結局年末年始や正月は家庭に戻る既婚者男性の心理には「だって俺には家族がいるから」という気持ちがあります。

不倫関係を持っている男女間にとって、年末年始などの必ず休みが合う日は楽しみにしている時期でもあるのです。

普段は、仕事の終わりからしか会えずに時間も短いのですが、連休なので次の日のこともあまり考えることなく「一緒にいられる」とどこかで期待しています。

しかし、不倫する既婚男性は年末年始や正月を不倫相手の女性と一緒に過ごす日をなかなか作ろうとしてくれません。

必ず家族が集まる日と言っても過言ではなく、みんなが自然と集まってくる日だからです。

不倫相手の女性が「一日でも会いたい」と気持ちを伝えたとしても、既婚男性は必ず家族優先。

年末年始や正月で会ってくれる機会を作ってくれる人はそういません。

年末年始は、人も外に出る機会が多く、会えたとしても誰がどんなところに居るのかは分からないことも理由の一つ。

どこに行っても混雑している年末年始は会うことを避けたいのです。

バレるリスクが増える時期でもあります。

年末年始で家を空けてしまうと奥さんからの疑いの目は必ず出てくるので、既婚男性が必ず避けたい日となり「俺には家族がいるから」という結論となるのです。

「長期休暇で家を空けるのはマズイよ、不倫がバレちゃう」

会っている時は優しいのに、結局年末年始や正月に家庭に戻る男性は、「長期休暇で家を空けるのはマズイよ、不倫がバレちゃう」と思っているのです。

長期休暇は、不倫する男女が非常に楽しみにしている時期。

しかし、年末年始だけは家庭を持つ男性が必ず家庭に戻る日ともなります。

日本では、昔から年末年始は家族や親族が集まる日というのが定着し、未だにその風習を守る人が少なくありません。

年末年始の一日ぐらいは…と不倫相手の彼女は思いますが、既婚男性にとっては非常に家族の元から離れにくくなる時期ともなるのです。

年末年始は何かしら、家族で動くことが自然と多くなります。

特に予定を立てていなくても、結局は忙しくなりずっと家族と過ごしている既婚男性は少なくないのです。

奥さんや家族からしても、「年末年始は」「お正月なんだから」と理由をつけられることも多くあります。

仕事が動いていない年末年始は、家族に理由をつけて外出することが難しくなる期間となるのです。

既婚男性が必死になって家を空けようとすると、奥さんは勘が良いのですぐに気付いてしまうことを男性も分かっています。

年末年始に無理に会って、不倫がバレてしまうことだけは避けたい気持ちが大きくなるのです。

「ここで家族サービスをしなければ奥さんに何を言われるか…」

会っている時は優しいのに、「ここで家族サービスをしなければ奥さんに何を言われるか…」と年末年始の自分の過ごし方や家族の時間を考えてしまうのが既婚男性です。

既婚男性は、不倫している彼女を本気で好きだとしても年末年始に時間を作ることだけはなかなか難しい状況ともなります。

普段の日常を家族と一緒に過ごす時間が短い分、長期休暇であり、絶対に仕事が入らない年末年始は”家族サービスをする”と定着している家庭も多くあるのです。

奥さんも年末年始は必ず「夫がいる」と確信を持ちます。

それだけ自然と家族が集まる日であり、単独行動が許されない休みでもあるのです。

不倫相手の女性からすると、「何日も日にちはあるのに」「一日ぐらいは一緒にいたい」とお互いが休みで時間に余裕があることを分かっているから、彼に期待を抱いてしまう部分があります。

しかし、それは彼の家族も同じであり、特に奥さんはそう感じているのです。

「年末年始ぐらいは」と夫の存在に期待をしています。

既婚男性は、お正月や年末年始で家族サービスを十分に行うことで日頃家を空けている状況を許してもらえている部分を強く感じているのです。

普段は彼女と会うために帰宅時間を遅らせたり、嘘の予定を告げたりしているから、年末年始ぐらいは家族サービスをしなければ奥さんに何を言われるのか分からない恐怖心を抱えています。

「年末年始とか正月くらいはゆっくりゴロゴロしたいんだ」

「年末年始とか正月くらいはゆっくりゴロゴロしたいんだ」と会っている時は優しいのに、年末年始になると家庭に戻る男性がいます。

長期休暇ない時は、休みもほぼなく働いている男性にとっては非常に気持ちが高まるのが年末年始です。

「この期間だけは絶対に仕事が入ることはない」と分かっているから。

上司に呼び出されて付き合いをすることもなければ、仕事の連絡が入ってくることもありません。

仕事納めをした瞬間から「ゆっくりしたい」と感じている既婚男性は多くいます。

既婚者の男性は仕事の疲れだけでなく、家族との関りを持つ中での疲労も癒したい気持ちが出てくるのです。

職場に行けば仕事をこなして、家に帰れば奥さんや子供に気を遣う状況も少なくありません。

特に不倫している男性は後ろめたさを抱いています。

普通の既婚男性よりも家族の前で頑張ってしまうのです。

しかし、そんな既婚男性でも唯一ゆっくりとした時間を過ごせるのがお正月。

年末にきっちりと仕事を終わらせて、「お正月ぐらいはゆっくりしたい」と強く感じ、その期間は不倫相手の女性にも邪魔はされたくないのです。

既婚者の男性にとってあまりない時間を過ごせる日だからとも言えます。

不倫中の女性が年末年始や正月に不倫相手への寂しさが爆発する理由

期間限定
不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

会うペースが乱され、会えない期間が長いから

不倫中の女性が年末年始や正月に不倫相手への寂しさが爆発する理由には、会うペースが乱され、会えない期間が長いから。

不倫中の男女は家族に隠れて隙間時間やちょっとした空いた時にお互いに会う時間を作って関係を保っているのです。

定期的に会うことが出来ている状況をお互いが求め合っています。

しかし、年末年始は他にある長期休暇と違い、「家族で過ごす」とされる期間ともなるため、不倫相手と過ごすことができません。

定期的に会うことができていたのに、既婚男性が年末年始に入ってしまうと急に会う機会がなくなるのです。

仕事の帰りや付き合いなどの後に会うことが出来なくなることで、いつもの会うペースが乱されていきます。

年末年始は普段の休日とは違い、特に長い休み。

不倫中の女性は彼と会えない時間が長いと、どんどん寂しさが溢れ、連絡もろくに取り合えないことから爆発してしまうのでうす。

自分は一人、不倫相手の男性は「家族と」と考えると切なくなるから

不倫中の女性は、自分は一人、不倫相手の男性は「家族と」と考えると切なくなり、寂しさが爆発してしまうことがあります。

不倫相手の女性は、年末年始に既婚男性と会うことはほとんどありません。

彼が家族の元から離れることができないため、会う時間が作れないのです。

「しょうがない」「分かっている」と思っていても、女性の中では徐々に寂しさが増していきます。

「もしかしたら会えるかもしれない」という期待を捨てきることが出来ていないからです。

どこかのタイミングで会える時間を作ってもらえるかもしれない、連絡が来るかもしれないとどうしても期待する気持ちが拭えません。

その期間が長くなるにつれ、不倫相手の彼女は「私は一人なのに…」「彼は家族とずっと一緒にいるんだろうな」と考えてしまうことで余計に寂しさが増していくのです。

そんなこと考えたくなくても、彼のことが好きだからいつでも会いたい気持ちはあり、既婚男性のことが頭を巡ってしまいます。

「今何しているのかな」と思っても年末年始だけは「家族と一緒だよね」という思考の繰り返しともなる不倫中の彼女からすると苦痛の期間となるのです。

絶対にあなたを選んでくれない日であり、彼の家族の邪魔をできる期間でもないから。

それが言えないことで寂しさが増していき、爆発してしまうことは少なくないのです。

どこに行ってもカップルや家族連れが目につくから

不倫中の女性は、どこに行ってもカップルや家族連れが目につくから会えない期間が長い年末年始は寂しさが爆発してしまう傾向があります。

不倫中のカップルが長い期間全く会うことができない時間となるのが、年末年始や正月。

家庭を持つ人は、家族団欒の時間を作り、身内とも過ごす時間となります。

独身者からすると、あまりそういったことを気にすることはありません。

既婚男性と不倫関係にあるから、「家族と過ごしている」「会えない期間」と植え付けられてしまうのです。

それが女性の行動を起こす場所でも多く見られることで、一緒に過ごすことが出来ない状況に苦しさが混じり始めます。

どこに出かけても、自分の周囲はカップルで楽しそうな時間を過ごす人たちや、家族で幸せそうにやりとりする人たちばかりが目につくのです。

それは、不倫中の女性が既婚男性との間に寂しさが募っているからだとも言えます。

「会えない」「寂しい」と感じていなければ、「羨ましい」「いいな…」と思うことがないのです。

普段はちょっとした時間に会えることが嬉しくて、彼に会えるだけで幸せを感じられているから。

周囲の状況に嫉妬することはないのです。

本当に会えなくて寂しさばかりが募る期間だから、女性は彼に対しての気持ちが爆発してしまうことがあります。

長期休暇こそ大切な人と過ごすものだと思っているから

長期休暇こそ大切な人と過ごすものだと思っているから、年末年始や正月は不倫中の女性が寂しさを爆発させてしまうことが多くあるのです。

長期休暇などの時間に余裕のある期間は、独身者にとっては大切な人と過ごすとき。

しかし、家庭を持つ既婚者からすると長期休暇は家族と過ごし、いつもできないことを一緒にやるときなのです。

長期休暇の使い方や想いが違うことで、不倫中の彼女は「なんで」と既婚男性に対して分からない部分があり、怒りさえ覚えてしまうことは少なくありません。

長い期間休みなのだから「一日ぐらい」と望んでしまうのです。

好きだから「会いたい」「一緒にいたい」と思うことは当然で、何も悪いことではありません。

既婚男性も彼女に「会いたい」「一緒にいたい」と言われると嬉しい気持ちは強くあるのですが、この長期休暇だけは「我慢してほしい」と思ってしまうのです。

既婚男性にとっては、家族は自分が一番守らなければならない存在。

奥さんに好意の気持ちがなくなっていても、”家族”ということには変わりなく、一緒にいる以上は絶対的な存在です。

会える時間がないことで、女性は寂しさが大きくなり、既婚男性へと寂しさをぶつけてしまうことが良くあるのが年末年始でもあります。

年末年始に彼に会えないし連絡も来なくて爆発!不倫中の女性が感情にまかしてしまいやすい失敗

SNSに寂しさを呟いてメンヘラちっくになってしまい既婚男性をドン引きさせる

年末年始に彼に会えないし連絡も来なくて爆発、不倫中の彼女が感情にまかしてしまいやすい失敗、それはSNSに寂しさを呟いてメンヘラちっくになってしまい既婚男性をドン引きさせてしまうというもの。

不倫中のカップルは長期休暇の間、会うことだけができないのではなく、既婚男性が常に家族といることで連絡すら取り合えない状況ともなるのです。

そのため、不倫相手の女性は自分の寂しさをぶつけることころがありません。

その最終的な手段となりやすい行動がSNSとなるのです。

「彼に気付いてほしい」という気持ちが込められたその投稿に既婚男性は引いてしまいます。

「俺と会えない時間、自分の好きなように過ごせば楽しいはずなのに」と感じる既婚男性が多くいるからです。

連絡も取り合えない状況だから、「わざわざSNSで俺にアピールしてきたのかな…」と思うとその彼女の行動の重さや軽い考えに既婚男性は理解を示すことができません。

不倫中の女性は、自分の寂しさをSNSにアップして彼の気持ちを惹こうとする行動だけは辞めましょう。

誰にも言ってはいけないことを友人などに話してしまう

年末年始に会うこともできなくて、連絡すら取り合えないことで、誰にも言ってはいけないことを友人に話して感情にまかしてしまいやすい、これは大失敗に繋がります。

女性は、寂しさや不安が募ると”共感”などを求めて親しい人に打ち明けることが実は少なくありません。

しかし、不倫関係は絶対に人は言ってはいけない秘密ごと。

年末年始のような長期休暇で会うこともできず、連絡すら取り合えない状況となったとき、女性は寂しさが大きくなるにつれ、不安も増していきます。

その自分に起こる抑えきれない感情を誰かと共有したくて、友人に話してしまう人がいるのです。

不倫関係は絶対に何があっても他人に言ってはいけないことであり、そんなに簡単に口に出してしまうと既婚男性からの信頼を完全に失う行動となります。

お互いが秘密を守るから成り立っている形が”不倫恋愛”です。

その約束を自分の感情にまかして言ってしまう女性をこの先信用できなくなり破局を選択する既婚男性も少なくありません。

寂しさや不安から簡単に関係を打ち明けて失敗しないように注意して関係を築いていきましょう。

寂しいストレスから暴飲暴食をして美容やスタイルに悪影響を与える

年末年始に彼に会えないし連絡も来なくて爆発させてしまうこと、それは寂しいストレスから暴飲暴食をして美容やスタイルに悪影響を与えることです。

暴飲暴食こそ、女性が感情に任せておこないやすい失敗だと言えます。

会えないストレスからは、「寂しい」「悲しい」「家族と過ごしていると考えるだけで辛い」という感情に支配され、自分の中の何かの欲求を満たしたい行動に駆られるのです。

「会いたい」「抱きしめられたい」「会いたいと思われたい」という欲求がなかなか満たされなければ、他の欲求を満たすことで、少しでも自分に幸せを感じさせたいという自分を守る行動。

それが、年末年始や正月は美味しいものが目の前にあったり、一人の時間が増えることで好きな食事を摂りやすい環境となったりしますので、暴飲暴食に走りやすいのです。

その時の欲求をとめることが出来ずに、長期休暇が終わった時のあなたの美貌が崩れてしまう可能性が…

「やっと彼に会える」という時になって、自分の醜い姿に気付いても急にダイエットの効果を発揮させることは出来ません。

自分に自信をなくし、元のスタイルに戻るまで、またあの人と会えない、いえ会わない決断を下さなければならないこともあります。

体の寂しさを好きでもない男性に埋めてもらい後悔する

体の寂しさを好きでもない男性に埋めてもらい後悔する、こちらも年末年始に不倫相手の彼に会えずに寂しさを爆発させて起こしやすい行動です。

気持ちの面での「会いたい」「大好き」というものからの寂しさと同時に「触れてもらえない」「情熱的に抱かれて愛情を感じられない」というものも感じます。

「エッチがしたい」という願望ではなく、ただただ不倫相手の男性からの愛情不足です。

離れている、会いたいのに会えないという感情の中で「強く求められたい」「強い愛情を表現して欲しい」と感じるようになります。

そのような時に、不倫恋愛している彼ではなく、他の男性に体の寂しさを埋めてもらう人がいるのです。

好きでもない相手、でも自分を求めてくれる男性に抱かれている間は、満たされたような気分になりますが、ことが終われば虚しさだけが残り、後悔を感じます。

「どうしてこんなことをやってしまったのだろう」「エッチした相手にも彼にも申し訳ないことをした」という気持ちと同時に、自分の心が傷付いていることが分かるはずです。

愛していない人からは本当の意味での満たしを得ることはありませんので、寂しさを爆発して暴走しないようにしましょう。

ぼっち正月を送らない為の不倫相手の彼の気持ちの動かし方

大晦日や元旦などに会うことを求めない

ぼっち正月を送らない為の不倫相手の彼の気持ちの動かし方は、大晦日や元旦などに会うことを求めないものです。

出来ることなら、一年を締めくくる大晦日や一年が始まる元旦に会いたいと思うものですが、そこに固視してしまうと、その前後でも会えないものです。

既婚男性は「彼女は大晦日や元旦に会いたいのか」という意識が植え込まれますので、その日に家庭の事情などでどうしても会えなければ、他の日に会おうとはしません。

年末年始や正月の長期休暇の内に一日や二日くらいは会いたいと告げたならば、「大晦日や元旦は会えないけれど、二日なら会って初詣に行けるよ」と告げられる可能性が高まります。

彼の中でも予定を都合してもらわなければなりませんので、あなたも譲歩する姿勢を見せましょう。

「長期休暇中に会えたらラッキー」くらいの気持ちでいれば、不倫相手の男性もこの休みを重く捉えることをせず、柔軟な行動を起こしてくれるはずです。

会いたい日付をポイントで告げるのではなく、もっとぼやかして伝えること。

後は、あの人の都合をコントロールしてもらい、少しでも会える時間を作ってもらうことでぼっち正月を避けられます。

仕事始めまでには一度会いたいな、と可愛くおねだりする

「仕事始めまでには一度会いたいな」と可愛くおねだりすると、ぼっち正月を過ごさない方法となります。

年末年始、正月中に一度も不倫相手の彼と会えなかった時のことを考えてみましょう。

年を越す前からのモヤモヤをずっと引きずり、世間では恋人や家族と温かい団らんを過ごす人ばかりの中、あなたは一人きり。

正月中もあの人のことばかりを考え、切ない気持ちになり続けることは間違いありません。

その中で、仕事始めの日が近づくと「仕事に行きたくない」「もう人生のどん底を味わっているみたい」という気分になります。

これからも、あの人との不倫恋愛を継続させつつ、ぼっち正月を過ごしたくない気持ちでいっぱいならば、「仕事始めまでに一度はあの人と会う」ことが重要です。

この言葉を伝えると、不倫相手の彼はあなたの真面目さと共に自分を求められていることを感じます。

「感情的になっていることで仕事に影響を出したくない」という真面目さは男性ウケが良いもの。

また、気分を高めるために自分の存在が必要だと感じた既婚男性は、あなたと何とかして会おうと努力をします。

求められているものに答えることによって、自分の存在価値を確かめたいという心理を使った方法ですから、ぼっち正月ではなくなるのです。

会えないのは仕方ない、せめて連絡をくれる約束を取り付ける

年末年始や正月に会えないのは仕方ないと考え、せめて連絡をくれる約束を取り付ける、これもぼっち正月を避ける方法です。

ぼっち正月と感じるのは、何も大好きな既婚者男性に会えないという現実だけではありません。

「彼は家族と過ごしているから連絡がこちらから出来ない」「家族で里帰りをしているから連絡をしてくれない」と考えるから、余計に寂しくなります。

あの人の状況によっては、どうしても年末年始やお正月に会えないこともあるものです。

そんな時には、会えないことはもう諦めましょう。

その変わりに、毎日きちんと連絡だけでもしてもらえる約束を取りつけるのです。

年末年始、正月を家族と過ごしていたとしても、あなたに連絡を入れる不倫相手の姿を想像すると寂しさも吹き飛び、時には優越感さえ抱けます。

「あの人は会えなくても家族と過ごしていても私のことを考えて、大切にしてくれている」「約束を守ってくれるのは私を愛してくれているから」と思えるということ。

一人で過ごす年末年始や正月だとしても、爆発するような寂しさを感じなくてすみ、心穏やかな時間を手に入れられます。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「年末年始、お正月で破局を招かないで

占い師アリア
不倫カップルは、年末年始やお正月で破局を招かないようにしましょう。

あなたの寂しさが爆発した時、「もう別れる!」「こんな寂しさに堪えられない!」という感情的な気持ちで終わりを迎えてしまう可能性があります。

私が伝授した方法によって、少しでも素敵な年末年始、正月を幸せな気持ちで過ごせるように活用させ、あの人との関係に役立ててくださいね。

【期間限定・10月25日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

>>タロットを引く<<


※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から不倫成就が叶った秘密の方法って?


「不倫相手とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

不倫専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない不倫の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
占い師マダムアリアから無料で鑑定!

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20代未満はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事